本日 43 人 - 昨日 287 人 - 累計 613147 人
  • Moblie QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Counter
  • 00613147 人
    本日: 0043 人
    昨日: 0287人
  • Social Media
RSS

古武道 昇級審査

2021年01月29日
古武道の昇給審査を行いました。
IMG_5909 IMG_5916 IMG_5923 IMG_5941 IMG_5943 IMG_5956 IMG_5960 IMG_5965
全員合格おめでとう!

黒帯授与

2021年01月09日
ピカピカの1年生になった4月、龍平少年は入門しました。
大人しく、小さく細い腕は、折れないだろうか。。と心配したくらいです。
稽古中も負けたら泣き、東京大会でも毎年、泣き虫少年は悔し涙を流していましたね。
それでも諦めることなく、毎週毎週、7年間、通い続けました。
今年の緊急事態宣言で稽古が出来なくなった時期も、欠かさずオンライン稽古に参加して、
いつの間にか体も大きくなり、高校黒帯チームからも龍平と小手鍛えをすると痛くてかなわない。。と先輩の嘆きも聞こえてきました。あんなに細かった腕もたくましくなりましたね。
大人しかった性格も、技の理解、わからない所は自分から質問して来るようになり、
空手に向き合う姿勢に頼もしさを感じました。
昇段審査会で、7年間の思いがこみ上げ、感極まって流した涙、
努力したものだけが流せる涙、先生たちは一生忘れません。
IMG_8033 IMG_8031 IMG_1661 IMG_5494


小学3年生の冬、ともちんは入門しました。
とっても大人しく、声に出して挨拶の言葉を発する所から鍛えたのを思い出します。
新体操で鍛えられた小さくてしなやかな体は、どこまでも、ぺったんこに開脚し、蹴りの足が上がり、体幹バランスが出来ていましたね。
きちんとした基本通りの覚えも早く、入門して9ヶ月で体験した東京大会で型の部で優勝してしまう度胸!、
日頃の大人しいともちんが大会の時はメラメラと燃えたぎり、そこから毎年、優勝の座に君臨してきましたね。
中学校に入って、小さかった体もグンと大きくなりました。
これからは先輩黒帯と対等勝負になってきます。
基本の技にプラスのところが大切になってきます。
力強さ、知識、積極性、黒帯として頼もしいともちん先輩を期待しています。
IMG_0294 IMG_0296 IMG_6440 IMG_5490


小学4年生の夏、梨沙子ちゃん入門。
なんておしとやかそうな、女の子が入門してくれたのでしょう。。
ここは空手道場だよ。組手あるんだよ。男の子と戦えるかな。。
そんな心配も束の間、ガンガン活発について来てくれましたね。半年先に入ったともちんに追いつけ、追い越せの勢いで、真面目な稽古姿勢、指導した所をきちんと修正して黙々と復讐し、自分の技にしていきました。
「型」と「組手」どっちをやる?と聞いても、ほとんどの女の子は「型」と答える所、一人「組手」!と答え、
気づけば、東京大会では毎年、毎年、組手で入賞し、組手団体戦の代表でも年上の男の子に果敢に向かって行く強い姿を見てきました。
梨沙子の型の正確さ、力強さ、知識をこれから先も伸ばし続け、その知識を後輩への指導に伝えてくれる事を期待します。
IMG_0378 IMG_0633 IMG_9358 IMG_5399

IMG_5798 IMG_5415

多摩道場伝統、祝黒帯、引っ張り合い儀式
IMG_5408 IMG_5498 IMG_5502 IMG_5418
IMG_5506 IMG_5512

合格おめでとう!!
黒帯からが空手のスタートです!。一歩を踏み出したばかりです。
歴代黒帯到達者からすると、おとなしい3人です。ここからは後輩のお手本です。黒帯は皆同じ目線です。これからも帯に恥じないようしっかり頑張っていってくださいね。

2021年

2021年01月01日
IMG_5199

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。


2021年 元旦
上地流空手道協会
琉球古武道信武舘
      多摩道場